Home     RSSRSS

心や身体によってパニック発作が目を覚ます

20/12/2012 by panic | Filed under パニック障害が起こる原因.

あなたが存在、自我、自作心、あるいは誠実かで、いつでも警報が鳴り出します。あなたの反応を決定するのは知覚です。このように、思考がパニック発作を引き起こすこともあるのです。

そして、身体によっても目を覚まします。誘因は甲状腺の働きが活発すぎて、「発射準備完了状態」になっていることにあるのです。

あるいは、ひどいアレルギーかもしれません。身体的原因をすべて取り除くために、かかりつけの医者で全面的な健康診断を受けなければならない場合が多いです。

でも、内側の環境が緊急事態になる最も一般的な原因は、血糖値が大きく変動したり、急激な変動をひんぱんに起こしたりすることにあります。

脳が正常に機能するためには、糖と酸素が安定的に供給されている必要があります。どちらもバランスよくそろっていなければいけないのです。

なぜなら、糖は酸素があってはじめて燃やされる(代謝される)からです。糖と酸素は一緒になって、細胞に必要なエネルギーを作り出しているからなんです。

糖が充分にないと問題が起こります。酸素が足りなくても、同じく問題は起こります。脳細胞の代謝が進められなくなるからです。

それが警報を鳴らす引き金になります。見張り番が気づき、一連の指令を通して血液中にアドレナリンが分泌されます。これがパニック障害の発作を引き起こす原因になるのです。


>> 心理・精神療法でパニック障害を治したい方はこちら
 
>> 整体療法でパニック障害を治したい方はこちら