Home     RSSRSS

Archives: パニック障害と体の健康の関係

パニック障害の発作と耳の病気が関連する場合がある

28/09/2012 by panic | パニック障害の発作と耳の病気が関連する場合がある はコメントを受け付けていません。 | Filed in パニック障害と体の健康の関係

パニック障害の発作と耳の病気が関連する場合があります。

パニック発作と相関関係の強い疾患は、内耳の病気です。内耳には身体のバランスを保つ作用があるからです。内耳には常に液体があり、私たちが動いたり頭を回したりすると、液体も一緒に動いて水平を保ちます(水の入ったコップを傾けたときのようなものです)。

この情報から、その領域の感覚神経終末が身体の位置に関するメッセージを拾い上げ、脳に中継します。そこで脳はさまざまな筋肉にメッセージを送ります。身体はそうやってバランスを保つのです。

でも、内耳に何か問題(病気)があると、そのメッセージが混乱します。ちょうど船上にいるときのようなもので、船酔いのようになり、わずかにバランスを失ったような感じから、部屋がメリーゴーランドのようにぐるぐる回っているような感覚までさまざまです。

地面が波打ったり崩れ落ちたりするように思えることや、頭がフワッと浮く感じ、めまい、足元がふらつく感じ、体が片方に傾いている感じがあるかもしれません。

とりわけ何か起こっているのかわからず、最悪の事態だと思い込んだ場合など、敏感な人ならこうした感覚がパニック障害の発作の引き金になることがあります。頭がフワッと浮く感じは、パニック発作の徴候や症状ですが、その原因にもなるのです。


>> 心理・精神療法でパニック障害を治したい方はこちら
 
>> 整体療法でパニック障害を治したい方はこちら

 

パニック障害と食生活は大いに関係がある

20/09/2012 by panic | パニック障害と食生活は大いに関係がある はコメントを受け付けていません。 | Filed in パニック障害と体の健康の関係

私たちの体は、絶えず恐怖とストレスにさらされていると、体質が変化します。これはパニック障害になりやすい体質になる・・ということでもあります。

身体はストレス物質を産生する速さを上げます。あなたの要求に追いつこうとフル回転しているのです。でも、ストレス物質が作り出されれば作りだされるほど酸素やある種の栄養素、ビタミン、ミネラルなどが身体には必要となります。

心配ばかりしてきちんと食事をしないでいるとしたら、こうした栄養素をどこからとり入れられるのでしょうか?

とり入れられないとパニック障害になる土台ができてしまいます。

不健康な習慣が身についてしまうと、いつまでも続くようになるものです。つまり悪循環が起こるのです。このプロセスを逆転する行動を起こさないかぎり、パニック障害などの抜き差しならない羽目に陥ってしまいます。

パニック障害と食生活は関係ないように思えますが、そうではなく、健康と自律神経の働きは切っても切れない関係にあるのです。


>> 心理・精神療法でパニック障害を治したい方はこちら
 
>> 整体療法でパニック障害を治したい方はこちら